お問い合わせはお気軽に 078-797-3131

〒654-0103
神戸市須磨区白川台6-23-2 ルナドーム2F

【診療時間】9:00~12:00/16:00~19:00 【休診日】木曜日午後、土曜日午後、日曜日、祝日

神戸市須磨区 整形外科 スポーツ障害 益子整形外科医院

スポーツ外傷

診療予約システム

スポーツ外傷とは

スポーツ外傷とは、プレー中に明らかな外力によって組織が損傷した場合をいいます。例を挙げると転倒や衝突などによって起こる捻挫や骨折、肉離れなどのケガのことを言います。

RICE療法

打撲や捻挫、肉離れなどの外傷の急性期に行う救急処置の基本で、グランドや体育館などけがをした現場から実行(初期治療)することにより治療期間を短縮させ、早期のスポーツ復帰を目指すための処置法です。
右の画像はヴィッセル神戸の選手のアイシング方法です。氷を当てた上からラップで巻いて外れにくくするのと、冷却効果を高めるようにしています。

R Rest(安静) 運動中止
I Ice(冷却) 氷かコールドパックで冷やす
C Compression(圧迫) 弾力包帯などで圧迫する
(あまり強くは圧迫しないこと)
E Elevation(挙上) 患部を心臓より高くしておく

RICE療法の様子RICE療法の様子

患部の出血や腫れをできるだけ起こさせないことを目的とし、それにより治療期間を短くする利点があります。ただし、救急処置であり、治療は、固定などを必要とすることもあり早期に整形外科を受診することが必要です。

「シップで冷やしていた」と言う方が多くいらっしゃいますが、貼った時にヒヤッとするだけで、体温より0.5度ほど数秒から数分冷たいのみで、皮膚を通して炎症をおさえたり筋肉を和らげたりするお薬が吸収しますが、冷却効果はありません
スポーツ用の冷却スプレーも皮膚表面を強力に冷却し、感覚を麻痺させて疼痛を軽減させる効果はありますが、皮下深くの組織を冷却して出血や腫れをおさえることはできません。沢山すると凍傷を起こす可能性もあります。
冷却には氷かコールドパックを使用しますが、店頭で売っている氷はすぐに溶けないようにマイナス7~8度にしているため、直接使うと凍傷を起こす可能性があります。タオルでくるんだり、一度水につけて0度にしてから使用するようにしてください。

Page Topへ戻る